シンプルライフ~家も売りました~

1人娘の将来に合わせ、身軽に引っ越しできるよう、家も売り、無駄なものは置かない生活に…

お金の使いかた(娘へ伝えること)

春休みもあと2日。
4月から小学3年生になった娘に、
1年生のころから、しつこく伝えていることがあります。


妥協してモノを買わないこと
買おうとしているものは、本当に欲しいものかどうか



娘が生まれて8年目、
8年、一緒に暮らしてきてわかること。
妥協して買ってもらったものは、すぐに飽きるということ。


例えばちょっと高いかなと思う洋服、
欲しいと切望して買ったものは、
「また着るの?」
というくらい大事に何度も着てくれます。
が、妥協して買った服は、
ほとんど着ることもなくサイズアウト。



先日帰省した際、
私の両親が娘に「洋服かってあげる」と連れ出してくれました。
何軒ものお店を回りましたが、欲しいものがなかった娘。
周りの同じ年代の女の子たちは、
うれしそうに試着している姿があったのですが。。


母が「これは?」「こっちは?」と勧めてくれますが、
欲しいといわない娘。


「せっかくだから買ってもらったら…」私が言うと、
「せっかく買ってもらうからこそ、いらんもの買いたくない」と娘。


結局、なにも買わずにお小遣いもらって帰宅しました。


8歳児らしい育て方してないかな・・・
お金お金という大人にならないかな…
不安になりつつ。
でも、だけど、お金だけが人生じゃないけど、
ある程度の貯えがあるかないかの違いは、
大人になればなるほどわかると思うから。。


ケチと倹約は違うんです。