シンプルライフ~家も売りました~

1人娘の将来に合わせ、身軽に引っ越しできるよう、家も売り、無駄なものは置かない生活に…

1人っ子って・・

私には3つ年下の弟がいます。
弟は昨年、私の両親の近くに引っ越してくれました。
少しずつ歳を重ねていく両親のために。
両親は「そんなことしなくていいのに・・」
本心かテレかわからぬことを言いますが、
私は弟と義妹に、本当に感謝の言葉しかありません。


私には1人しかいませんが、大親友がいます。
友達と呼べる人、ほかにもたくさんいますが、
親友と呼べる人は1人。
その親友Yちゃんは一人っ子。
独身で両親と3人暮らしです。
Yちゃんは若いころ、体の弱いお母さんが心配なので、
結婚は両親の近くに住むことが希望とずっと言っていました。
30代のころ、今は亡き、おじいちゃんやおばあちゃんの介護、
お母さんの代わりに手伝い、
今も家事を一生懸命、
同い年ながら尊敬することばかりです。


そんなYちゃんとの付き合いも25年以上になりましたが、
1度だけ、
「このままでいいのかな。両親がいなくなったら、私1人やわ」
笑いつつ、本心は正反対なこと話してくれた、
私の忘れない記憶です。


私が娘に負担をかけたくないのは、
Yちゃんのこの言葉から。


とある事情で、1人っ娘を選びました。
(またいつか書きたいと思います)
娘には、Yちゃんのように心配せず、
私たちより、自身の幸せを貫いてほしいと願っています。


私が今、できること。
体に自由がきく今から
無駄なものを持たず将来に備えること。